消費者金融 返済できない

 

消費者金融で借りたお金が返済できないときは

キャッシングを利用しているとき、あってはならないことですが、うっかり返済日を忘れていたり、引き落としのお金が足らなかったことから返済日に間にあわず延滞してしまったというような経験はあるとおもいますが、遅延や延滞になったとき、どうすればよいのでしょう。

 

返済期日が過ぎてしまうと1,2日中に担当者から携帯に連絡が入ります。
遅れている理由や、返済がいつできるのかといった簡単な質問をされますが、そんなときは遅れた理由を説明し、返済できる日を決めてその日までに返済すれば担当者も1度や2度の遅延は誰にでもあることだとわかっているので、返済歳が終われば何事もなく終わってしまいます。

 

仮に担当者からの電話を無視し電話に出なかったときは「返済する意志がない」と判断され会社や自宅へ担当者の個人名で電話がかかってくるようになります。
そうなると信用情報機関の個人情報の利用履歴に遅延や延滞があったことが記載されてしまい、そうなってしまうと新たな借入れをしたい場合や、新たにローンなどを組むときに審査が通らなくなる可能性が高くなります。

 

返済が遅れるとわかっているときは、多少勇気が必要ですが思い切ってこちらから連絡をとりいつなら返済できるということを伝えれば思っていたほどのことはなく、何事もなかったように終わってしまいます。

 

また返済期限が守られなかったことで通常の金利以外に返済が遅れた分だけ支払う「遅延損害金」が発生しますが、遅延損害金は1日ごとに金利が上乗せされるでできるだけ早い段階で返済することが重要になります。

 

この他にもよく読まれている記事

カードローン審査に通りやすい方法ってある?

消費者金融で複数の申込はさける

キャッシングの申込みをしたけど、審査の結果、断られてしまったということもよくあることで、「ここではだめだったけど次の業者ならきっと大丈夫」と思ってすぐに違うところに申し込む人もいますが、申込件数が増えれば増えるほど、確実に審査に通るのがむつかしくなってしまいます。

 

なぜ申込件数が増えると不利になるのか、消費者金融や銀行に申込と業者は信用情報機関の個人情報に申込があったことをを新たに登録します。
そのため申込をしたキャッシング会社はそれぞれがその個人情報に申込があったことを記載するので例えば、3社に申込んだけれど全ての会社で審査に通らなかったという人がいたとして、その人が4社目に申込みをしたとき、個人情報を見て3社で断られていることがわかり、「どこも融資をしていないということは他にも問題があるのではないか」と判断されてしまい申込み段階で断られてしまいます。

 

このような人は「申込ブラック」と呼ばれ、申込即否決という負のスパイラルに入ってしまうので、一度申込をしたら6カ月程度は次の業者に申込まないことや、複数業者に申込むときは同じ日に申込むことがベストです。

 

ただ、いきなり複数の申し込みをするとこのように個人情報に申込履歴が記載れてしまうので、ほとんどのキャッシング会社のホームページには「借入れ診断」があります。
借入前に自分の状況で借入れができるかどうかが調べられ、借入診断は申込履歴に記入されないのでまずは借入診断で試してみるのもよいかと思います。